昨今のわが国における急性期医療の重要性は、すでに認識されているところですが、その急性期医療に続く亜急性期医療の重要性については、まだまだ認知されているとは言えないのが現状です。

特に、急性期医療を終えた高齢者の中には、療養病床や老健施設等の介護施設では医療的に管理が難しい、いわゆる亜急性期医療を必要とされている方が多くおられるにもかかわらず、受け入れ先が充分ではないと言うのが現状のようです。

実際、医療介護従事者の方からもこのような声を聞く事が多い為、我々は積極的に取組んでいこうと考え、近隣施設の後方支援病院にもなっています。

急性期医療においても、当院は二次救急指定病院で地域の病院群輪番制病院になっており、また、長期にわたり療養が必要な重度の意識障害、神経難病等の方が入院できる特殊疾患病棟もあり、人工透析室では県内において数少ない入院透析も行っています。

  • 一、地域医療の雄となる。
  • 一、運営に合理化と改善を計る。
  • 一、すぐれた人材を育成する。
  • 一、常に医療サービスに徹せよ。
  • 一、常に患者さんにはやさしく親切に。
  • 一、常に技術の向上と研修に励め。
  • 一、常に責任の所在を明確にせよ。
  • 一、常に相互信頼相互理解をもて。
名称 医療法人 友紘会 奈良友紘会病院
創立 昭和63年4月
所在地 奈良県北葛城郡上牧町服部台5丁目2番1号
院長 林 秀雄
建物概要 鉄筋コンクリート 地下1階・地上4階
敷地面積 3361.49㎡
総延床面積 7589.42㎡
病床数 192床
駐車台数 80台
診療標榜科 内科・外科・整形外科・脳神経外科・小児科・眼科
耳鼻咽喉科・泌尿器科・歯科・小児歯科
人工透析センター・放射線科・リハビリテーション科
指定 救急指定・労災指定・生活保護法指定・各種保険全般